東京都立大学大学院 人文科学研究科

表象文化論

Home > 表象文化論

表象文化論分野

 表象文化論分野は芸術や文化の多様なテーマに幅広い視野から柔軟に対応できる研究・教育の場を目指しています。基本的な立場となるのは、イメージ論、視覚文化論、パフォーミング・アーツ研究、音楽文化論、伝統芸能研究、言語芸術論などに取り組む芸術表象研究と、文化的事象を制度・権力・身体・メディアといった視座から検討する文化表象研究のふたつです。20世紀半ば以後著しい発展を遂げた、文化・芸術にかかわる理論的探求の成果、すなわち現代思想、記号論、精神分析、ジェンダー論、カルチュラル・スタディーズ、批評理論、メディア論、図像学、映画理論などがもたらした方法論的成果を重視し、それをふまえたうえで、美術、映画、音楽、演劇、文学から、舞踊、広告、デザイン、ファッション、マンガ、テレビドラマまでのあらゆるジャンルの作品、作家、運動などを研究対象としてあつかっていきます。こうして実現される学際的・領域横断的な研究・教育の場の特長を活かしながら、今日の多様化する文化・芸術の諸問題にも取り組もうとしています。
 詳しくは次のアドレスをクリックしてご覧ください。
 表象文化論のホームページ http://www.comp.tmu.ac.jp/hyosho/

  • 教授 赤塚 若樹 Prof. AKATSUKA, Wakagi
    映像文化論、視覚文化論、比較文学
  • 教授 亀澤 美由紀 Prof. KAMEZAWA, Miyuki
    ジェンダー論、英語圏文学・文化
  • 教授 三宅 昭良 Prof. MIYAKE, Akiyoshi
    演劇・身体論、モダニズム文学
  • 准教授 角井 誠 Associate Prof. SUMII, Makoto
    映画研究
  • 准教授 古永 真一 Associate Prof. FURUNAGA, Shin’ichi
    現代思想、精神分析、イメージ/テクスト研究
  • 准教授 中嶋 泉 Associate Prof. NAKAJIMA, Izumi
    美術史・イメージ論
  • 准教授 福田 貴成 Associate Prof. FUKUTA, Takanari
    聴覚文化論・音楽文化論
  • 助教 高本 教之 Assistant Prof. TAKAMOTO, Noriyuki
    独文学、日本古典芸能、演劇文化
PAGE TOP